精密加工部品

カンチレバー

マイクロリッジ針  

レコード・カートリッジのカンチレバーは、レコード針により、レコード盤からピックアップした振動を忠実に伝達するために、レコード針と同様に重要な振動系の部品です。
そして、カートリッジ特性における特徴を出す一つのファクターにもなっており、多種の材質、寸法、形状があります。
最近の高級カートリッジでは、カンチレバーに接続するサスペンション機構や、磁気回路部品についても高精度の加工、組立が要求されているため、それに答えられる態勢をとっています。


カンチレバー規格表

ストレートカンチレバー
材質及び記号 外径μD(mm) 肉厚t(μm) 全長L(mm) 側面角θ
アルミ合金 A2017 φ0.5
φ0.6
40
50
任意 20°
22°


特殊カンチレバー

材質及び記号 外径μD(mm) 備考
サファイア φ0.3~φ0.45 レコード針は穴加工できる
サファイア・パイプ
(限定販売)
φ0.4 レコード針は穴加工できる
ダイヤモンド □0.22 レコード針は穴加工できる
全長ℓ、側面角θ面落し長さAは任意ですが、特殊材質で特殊な加工をするため、あらかじめご相談下さい。



 

 

関連技術