精密加工部品

時計用宝石
軸受宝石

時計用宝石,軸受石,軸受宝石

1960年に日本で初めて時計用宝石の国内製造を始めてから、現在に至るまで製造を続け、供給しております。

機械式時計の重要部品である軸受宝石の製造には、ルビーという硬質な素材に対して1000分の1ミリという、それまで経験したことのない「ミクロン単位」の加工技術が必要でした。これらの硬質難削材は耐摩耗性に優れているものの、もろく欠けやすいという性質を持っています。

そして、小さなルビーに10ミクロンの穴を開け、研磨するという高いハードルをクリアすることで、アダマンドは「超精密加工技術」を確立しました。高い精度を保ちながら大量生産が可能な、アダマンドの「超精密加工技術」は、ここからスタートしました。

時計用宝石 一覧