光通信部品
ファイバスタブ

ファイバスタブ

ファイバスタブはTOSA,ROSAなどのレセプタクル型光モジュールを接続する、重要な内部部品です。レセプタクルの中に圧入技術にて搭載され、光コネクタとの安定接続を提供いたします。

基本的にカスタム製品ですが、標準的スペックとして外径φ2.5mmで全長4.05mm、φ1.25mmで2.95mmがあります。

光ファイバはSM、MM、PMF等の標準ファイバ以外にも、フェルール製造メーカーならではの自由度を生かして、各種クラッド径の光ファイバに対応可能です。
さらに、全長、外径、研磨角度についてもカスタム対応可能です。

また、オプションとしてARコートを施すことも可能です。